02

建物

「青い星通信社」は北棟と南棟という二つの建物を渡り廊下で連結した構造になっています。この二つの建物は新たに造られたものではなく、美深町の草原の真ん中に置き忘れられたように建っていた、いわば“廃屋”でした。


築何年の建物なのか、長らく登記がされていなかったこともあって、いまでは正確にはわかりません。美深町の市街を見下ろす山の頂上に、現在では使われていない通信施設が残っていますが、その保守管理にあたる警察官2世帯の官舎として建てられたといいますから、もう優に半世紀は過ぎているはずです。それだけの長い期間、あまつさえ住人が消えて空き家となった後も、道北の豪雪に押しつぶされることもなく、この双子の家屋が草原の中にひっそりと残ったのは、建物を支えた厚さ50㎝にも及ぶ重厚な壁の強度のためであったのだろうと思われます。


この建物の最大の特徴は、まさにその壁のテクスチャー(素材感)でしょう。一見すると石積みと映りますが、仔細に見ればそこに用いられているのは切り出された自然の石ではなく、細かい礫を固めて直方体に成形したものであることがわかります。建築関係者も「見たことがない」と口を揃える、独特な石煉瓦です。


リフォーム作業の中で室内の解体を進めたところ、この建材を一つひとつ丁寧に積み上げた壁は、建物の外周だけでなく内部にまで複雑に入り込んで建物を支えていたことがわかってきました。風雪の痕跡を刻んだ外壁はグレーですが、建物の内部にあって表面をおおったモルタルの中で眠っていた石煉瓦は、青みを強く残しています。その謎めいた美しさ。優しいフォークロアの舞台にもなりそうな石煉瓦積みの建物を利用して造られたホテルはおそらく、初めて訪れたゲストの胸にもノスタルジーに似た感情を呼び覚ますことになるでしょう。

logo
北海道中川郡美深町紋穂内108番地
info@aoihoshi.co.jp